どろあわわ 使い方

MENU

どろあわわの泡立て方法

あわどろろの気になるあわ立て方法について見て行きましょう。

 

今回はあわどろろでもっちりあわを立てる方法をご説明させていただきます。
使い方にはコツがあるので、気になる方はご覧になってくださいね。

 

  • ふわ泡の洗顔を実感するには

 

どろあわわは発売以来ロングセラーとなっている商品ですが、

  • マリンシルト
  • ベントナイト

という成分を配合していて、もっちり泡を可能にしています。

 

どろあわわでもっちり泡を作るための条件として

 

洗顔量を2〜3センチにする

 

というポイントがあります。なぜなら、少なすぎる泡だと充分な泡が出来ないからなんですね。
規定量をとってふわふわ泡を実感しましょう。

 

  • 泡たてネットを使用する!

 

あわどろろに付属されている泡たてネットを使って、もっちり泡を作りましょう。

 

肌のために大事なことは「負担のない泡をつくる」というところです。
泡たてネットを使ってふわふわ泡を作ることで、摩擦を軽減することができます。

 

そしてつぶれにくい弾力泡をつくることが重要なんですね。

 

  • もちもち泡のための5ステップ

 

あわどろろでもちもち泡を作るためのポイントを紹介させていただきます。

 

水を含ませる

 

購入時に付属されてくる、 泡たてネット を使います。
水もしくはぬるめのお湯を含ませて、余計な水気をきります。

 

2〜3センチ

 

泡たてネットの間に、2〜3センチんのどろあわわを出します。
少なすぎると充分な泡が出来ないので注意してくださいね。

 

空気を含ませる

 

泡たてネットを軽くまるめて、空気を含ませるように泡をたてます。
空気を含ませるようにすることがポイントなんでうすね。

 

丁寧に絞りとる

 

どろあわわをかどがたつくらいにあわ立てて、ネットの根元からしっかり泡をとりだします。

 

もちもち泡の完成!

 

理想のもちもち泡の完成です!上記の方法でたてた泡がベストな泡です。

 

こんな泡はNG

 

あわどろろにおいてこのような泡の場合十分の効果を得ることができません。

 

  • 使用する量が少ない

 

まず、規定の2〜3センチの泡であわ立てないと充分な泡ができません。
そうすると顔全体を洗えないので、きちんとした量で泡たてましょう。

 

  • 水を含ませすぎ

 

どろあわわを泡たてる際に水を含ませすぎると、 吸着力の低下 が懸念されます。
程よい水分量で泡立ててください。

 

上のようなことを守らないとお肌をこすってしまう心配も出てきてしまうので、
使用方法を守りどろあわわを試しましょう^^

 

 

>>【初回半額!】あわどろろの公式通販サイトはこちらです

 

どろあわわ