あわどろろ

MENU

洗顔方法の極意とは!?

あわどろろの洗顔方法について説明させていただきます。
使い方について気になる方はご覧くださいね。

 

前回泡たて方法でも詳細を記事させていただきましたが、
洗顔方法も重要なポイントとなるんですね。

 

あわどろろのもっちり泡でしっかりとした洗顔を行いましょう。

 

弾力泡で優しく洗う

 

洗顔される方の中には「ごしごし洗う」といったことをやりがちになる方もいるかと思いますが、
やはり肌への負担を考えると望ましくはありません。

 

どろあわわの泡で肌の上を転がすようなイメージで、顔の全体を優しく洗います。

 

すすぎが重要

 

どろあわわで顔全体を洗ったら、水かぬるま湯できちんと泡を洗い流します。
すすぎ残しなどをしてしまうと肌にとってあまりよろしくないので、
フェイスラインや生え際など、泡の残りやすい部分もしっかりと洗い流しましょう。

 

 

ここもポイント

 

どろあわわで洗顔をしていく上で、顔のパーツごとの洗顔方法を説明させていただきます。
顔に手がふれないように、優しく洗うのがポイントとなります。

 

洗う順番として

  1. Tゾーン(おでこ・鼻)
  2. Uゾーン(ほほ・あご)
  3. 目元
  4. 口元

といった順番で洗う方法を推奨しています。
あご先や鼻筋などの顔の中心部分は、特に入念に洗顔してくださいね。

 

上記のような方法で、どろあわわの洗顔を楽しんでくださいね。

 

ポイントをまとめると

 

  • 2〜3センチの使用量を目安に、片手いっぱいのもちもち泡
  • 肌に手をふれないように、泡を顔の上で転がすイメージ
  • 朝と夜でケアする

 

1日2回の洗顔が必要な理由とは顔の表面についた皮脂を落とすことは重要となります。
なぜなら、皮脂が酸化すると過酸化資質となってしまうからです。

 

その過酸化資質は、 肌を老化 させる原因となってしまいます。

 

寝ている間など汗をあっくと、顔の表面に皮脂汚れが蓄積されてしまいます。
なので、どろあわわで1日2回洗顔してあげることで、皮脂汚れのない清潔な肌を保ちます。

 

 

どろあわわできちんと泡をたてて洗う、というのももちろん重要ですが、
洗い方についてもしっかりしましょう。それが美肌への近道です^^