乾燥肌予防

MENU

スキンケアだけじゃない!食事を見直す乾燥肌予防

空気の乾く冬が終わり、夏が近づいてきて、乾燥肌でお悩みの方はすこしほっとする季節でしょうか。
いえ、そんなことはありません。夏は夏で、乾燥肌の大敵となるようなことがたくさんあるのです。
例えば、冷房。紫外線。そして、食生活も大きく影響してきます。

 

暑い夏についつい食べたくなる、冷たい食べものや飲みものが、乾燥肌につながることを知っていますか?
体を冷やすような冷たいデザート、飲み物は、体内の血行を悪くして代謝を落とすことにより、肌を乾燥させてしまうのです。
並んで、糖分の高い食べ物は、体内で代謝するために乾燥を防いでくれる栄養素ビタミンなどを大量に消費します。
それによってビタミン不足に陥りやすくなり、より肌の調子を悪くします。

 

よって、アイスクリームや冷えた清涼飲料水などはもってのほか、乾燥肌の大敵です。
もう一つ、体の水分を奪ってしまう気を付けるべき飲み物があります。
それはカフェインを含んだコーヒーや緑茶、紅茶などです。
カフェインには利尿作用があり、それによって摂りすぎると体内の必要な水分が外に出ていってしまうのです。

 

肌のための水分補給をする時は、上記のものに気を付けて、常温で、糖分・カフェインの入っていないもの(水・麦茶など)をこまめに摂ることが大切です。

 

乾燥から肌を守り、うるおいとハリのある素肌を手に入れたい時、積極的に摂るべき食べ物をご紹介します。
まずは栄養素。摂りたいのはビタミン(A・B・C・E)、そしてタンパク質です。
塩分、脂質、糖質をとりすぎずにこの栄養素をうまく体内に入れることが大切です。
これらをうまく摂取するのにおすすめの食材が、たまご、青魚、納豆、パプリカ、モロヘイヤなどです。

 

こまめに化粧水やパック、美容液などスキンケアをするのももちろん大切ですが、
つい見落としがちな食生活で、悩める乾燥肌を防ぐことも出来るのです。